疲れを癒す

ダンベルを持つ女

身体の疲れが取れなかったり不調や頭痛や腰痛などは身体の血流が悪くなり筋肉が凝り固まった上で症状が出ている事があります。 これらの原因となっている身体の凝りを取ってあげるだけで体はみるみる軽くなっていきます。簡単に出来る方法としてストレッチがあります。 やり方ややる時間は人それぞれでまず無理をしない範囲で始めます。 自宅で始める際最も効果がある時間帯はお風呂上りになります。 お風呂でゆっくり湯船につかり血行が良くなった後に行うと体も柔らかくリラックスをしてできます。 ゆっくりと鼻から吸って口からはく腹式呼吸をしながらストレッチをします。呼吸方法はヨガの呼吸と同じ要領です。 ストレッチとヨガとの違いはストレッチは身体の一部分を伸ばす運動が多いという事です。

簡単なストレッチを始める際は初期投資はほとんどかかりません。 本格的に始める時は、ストレッチ用に作られた長いポールや肩甲骨を伸ばすゴムやバランスボールなどを利用してみると効果を与えたい部分に効きます。これらも金額的には高価な物ではなく自宅に用意して気軽に始める事が出来ます。 ストレッチをする事は身体にとってとても効果的で、寝る前に行うと寝つきが良くなったり、睡眠の質が上がり寝ている間に脂肪燃焼の効果が高まる事もあります。 1日の終わりに仕事や家事で疲れた身体をリセットしてあげる事が大切で、毎日少しの時間でもストレッチをする事に費やすと翌日の身体の軽さが変わってきます。仕事中の隙間時間を見つけてのストレッチも仕事の能率が上がり効果的です。